キャッチコピー

血糖値測定器を有効に使う方法

低血糖になったり高血糖になったとき、血糖値測定器を使っていれば、その原因が何であるのか推測することができます。
また、血糖値測定器を使って測定することで、事前に対処することも可能となります。 原因がわかれば、低血糖や高血糖を防ぐことができ、適した治療薬を選択するもできるようになります。
血糖値は血圧と同じで常に変動していますから、1日の変化を把握しておくことが理想です。 測定時間や測定するタイミングは生活習慣に合わせ、毎日決まった時間に測定したほうがいいでしょう。
記録した血糖値は定期的に医師に見せ、診断をあおぐと効果的。
運動や食後、ストレスの有無などで、血糖値は変動しますから、数値の異常とその原因が推測できるのであれば、原因となる事柄を記録しておくことも大切です。
必要以上に神経質になることはありませんが、少しでも高血糖を防ぎ、血糖値を安定させておくこと。
そのためには、血糖値測定器で測定することが必要なんです。 血糖値測定器での測定は、短時間で済むことがメリットですが、採血する必要があること、毎回コストがかかること、定期的に消耗品を購入しなければならないことなどから、患者にとっては大きな負担です。
少しでも負担を軽くしながら測定できるよう、血糖値測定器選びは慎重におこないましょう。